1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料 57,000円(税別)/1口 が格安となります。


『パーティクルフィルタの基礎と
 人物追跡、自己位置推定への応用 』



 S180424A



 

開催日時:2018年9月6日(木)10:30-16:30

会  場:ちよだプラットフォームスクエア(千代田区神田錦町3-21)

受 講 料:1人様受講の場合 46,000円[税別]/1名

     1口でお申込の場合 57,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)

画像認識セミナー日程表  新宣伝セミナー日程表

 講 師

 小林貴訓(こばやしよしのり)  氏
   埼玉大学大学院 理工学研究科 准教授(博士(情報理工学))
 

 <略歴、等>   2000年 電気通信大学大学院 情報システム学研究科 修士課程修了.
 2000-2004年 三菱電機梶@設計システム技術センターにて,ソフトウェア生産技術の開発に従事.
 2007年 東京大学大学院 情報理工学系研究科 博士課程修了.
 2007年 埼玉大学大学院 理工学研究科 助教
 2014年 埼玉大学大学院 理工学研究科 准教授.

 コンピュータビジョン,ヒューマン・コンピュータ・インタラクションに関する研究に従事.
 情報処理学会/電子情報通信学会/日本ロボット学会/映像情報メディア学会/ IEEE/ ACM 各会員.

 セミナーの概要

 

 物体追跡の定番的手法となっているパーティクルフィルタについて、概説します。
 カメラ映像中の物体を追跡する基本的な仕組みから始め、AdaBoost識別器と併用した人物頭部の追跡手法や、レーザ測域センサを用いた人物追跡手法について、説明します。
 また、レーザ測域センサを用いた移動ロボットの自己位置推定への応用についても紹介します。

 

 講義項目

 1 カメラと画像処理

 2 パーティクルフィルタの概要
  2.1 パーティクルフィルタ入門
  2.2 パーティクルフィルタの仕組み〜仮説の生成,伝播,尤度評価〜

 3 パーティクルフィルタと識別器を用いた人物追跡
  3.1 AdaBoost識別器の概要
  3.2 パーティクルフィルタと識別器を用いた人物頭部追跡

 4 レーザ測域センサを用いた人物追跡とロボット車椅子への応用
  4.1 レーザ測域センサを用いたパーティクルフィルタによる人物追跡
  4.2 ロボット車椅子システムへの応用

 5 パーティクルフィルタによる移動ロボットの自己位置推定
  5.1 SLAMと自己位置推定
  5.2 尤度評価のための地図
  5.3 パーティクルフィルタによる自己位置推定




 

 お1人様      受講申込要領 1口(1社3名まで) 受講申込要領  セミナー 総合日程 画像認識 セミナー日程 新宣伝 セミナー日程