1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料  が格安となります。



☆☆☆Web配信セミナー☆☆☆

『信頼性試験の進め方と注意点』


 〜加速試験の狙いと実施する上での留意点、および2つの加速試験の進め方〜


 S221004AW



☆☆☆本セミナーは、Zoomを使用して、行います。☆☆☆


開催日時:2022年10月4日(火)10:00-16:30
受 講 料:1人様受講の場合 51,700円[税込]/1名
     
1口でお申込の場合 62,700円[税込]/1口(3名まで受講可能)


 ★本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存しますので、ご自分の環境が対応しているか、
 お申込み前にZoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認下さい。

 ★インターネット経由でのライブ中継ため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。
 講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。

 ★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。


新宣伝セミナー日程表 

Web配信(Zoom)セミナー日程表

***関連講座*** 【新製品開発における信頼性技術講座】

講 師

 

 原田文明(はらだふみあき) 氏 

   D-Techパートナーズ 代表(元 富士ゼロックス)

 <略歴>  1983年、富士ゼロックス入社。信頼性管理部門で開発商品の信頼性管理、信頼性評価及び試験、加速試験法・解析手法,信頼性予測手法開発に従事。設計段階での部品信頼性の評価および設計検証業務を統括する傍ら開発部門や品質保証部門に対する信頼性技術指導を担当。
 2010年に現在の富士ゼロックスアドバンストテクノロジー(株)で品質保証&安全環境評価部長として信頼性評価技術戦略、品質保証プロセスの体系化と品質保証システムの構築および安全環境評価業務を統括。2014年に定年退職 同社シニアアドバイザーをへて2019年よりD-Tech パートナーズ代表として信頼性に関する企業教育、コンサルティングを実施。
 外部活動としてIEC国際標準化委員、IEC TC56 WG2(信頼性技法)主査、東京都信頼性研究会アドバイザー、日本信頼性学会会員、JIS制定委員ほか。

 セミナーの概要

 

 信頼性試験にかかる時間を短縮するには、加速試験を行って短時間で問題を顕在化すればよい、というのはあまりに短絡した考えです。加速試験は通常の試験条件よりも厳しい条件で行うもので、製品開発を効果的に行うには、その狙いと結果の生かし方が大切です。
 本セミナーでは、加速試験の特徴と役割について紹介し、結果を効率的に生かしていく方法を紹介します。また定性的な加速試験として行われるHALTの特徴やメリット、注意点について紹介します。

 講義項目


*演習を行います。関数電卓(指数関数、対数変換ができるもの、スマホにその機能があればスマホでOKです)をご持参ください。

 1 加速試験の目的と基本となる考え方

  1.1 加速試験とその目的
  1.2 加速試験で何ができるのか
  1.3 加速の方法
  1.4 故障率加速と寿命加速


 2 加速試験の方法と成立させるための条件

  2.1 加速試験の方法と種類
  2.2 加速試験で分かること
  2.3 加速を成立させる条件
  2.4 何を見て加速かどうか判断するのか


 3 定量的/定性的な加速の考え方とHALT

  3.1 2つの加速試験
  3.2 定量的な加速と故障物理モデル
  3.3 代表的なモデル(アレニウスモデル、ストレス強度モデル、累積損傷モデル)…演習
  3.4 HALTと定性的な加速の注意点


 4 新製品開発と加速試験の役割

  4.1 新製品開発と加速試験で分かること
  4.2 加速条件の決定…演習
  4.3 加速試験の限界や注意点
  4.4 まとめ




 お1人様      受講申込要領 1口(1社3名まで) 受講申込要領 セミナー 総合日程 
新宣伝 セミナー日程